カワスミ ダイアライザ

川澄ダイアライザ

川澄化学工業が、中空糸型透析器のカワスミダイアライザーの生産の中止を発表した。
生産終了時期は2019年3月です。

自分が臨床に出て一番初めに見たのが、カワスミのPS-1.6だった。
もうかれこれ20年以上前だ。20年以上第一線で活躍していたダイアライザ。
生産終了商品はRENAKPS-1.0、RENAKPS-1.3、RENAKPS-1.6、RENAKPS-2.0、RENAKPS-2.3です。

ホローファイバーダイアライザーKF-201も販売終了!


こいつも体の小さい患者さんに大活躍のダイアライザでした。

20年以上透析に携わってきて、思うのは、
透析はもういい商売ではないということです。
昔はダイアライザが何万円もするような時代もあったようです。
その頃は、ダイアライザ製造会社もウハウハだったでしょうね。

ips細胞で腎臓が作られる日もそう遠くはないと思います。
今月末に透析療法医学会が神戸でありますが、あまり興味がわきません

本物の人工腎臓ができたら、多くの臨床工学技士が失業するでしょうが、
患者さんのことを思うと、それでもいいと思ってます。

先のことを考えて、臨床工学技士も進化しないといけませんね。

>>>ゴルフ場の天気予報を見てから予約するサイト

—追記2018.6.13—

カワスミ 希望退職290名

川澄化学工業の報告↓
http://www.kawasumi.jp/wp-content/uploads/2018/05/310612a4a06522283df5e5c73952c1b3.pdf

赤字で大変みたいですね。透析事業も採算が悪く、店じまいのようです。
タイの拠点も閉鎖するようです。タイの人もいい迷惑ですね。
これも時代の流れ、20年以上関わった会社だけにがんばってほしいです。頑張れ!カワスミ!

スポンサーリンク