背圧弁
背圧弁H1から漏れがありました。複式ポンプまでしたたり落ちて乾燥して汚くなってます。
外して清掃します。

綺麗にしたあと、ダイアフラムを交換します

きれいになりました。破損などもなかったので、どこに不具合があったのかは不明です。
最後に背圧を確認して、自己診断をして終了です。

複式ポンプ背圧弁(H1、H2)の設定
1、背圧弁H1またはH2の測定ポートに標準圧力計を接続し、測定ポートを開きます。
2、除水速度0L/hでHD運転します。
3、標準圧力計の振れの最低値が80~85kPaになるように、背圧弁のストッパーノブを上にあげ、上げたままストッパーノブを回して圧力を調整します。
4、振れの最高値が130kPa以下であることを確認する。
5、設定後、ストッパーノブを下げておきます。
6、設定後、装置の主電源スイッチを”切”状態にして、3分間の標準圧力計指示の降下を確認します。
*約3分後の安定した圧力指示が背圧弁の締切り圧です。
7、締切り圧が80~85kPaの範囲内に入っていることを確認します。
*締切り圧が80kPa以下になる時は、背圧弁ダイアフラム・複式ポンプのポペットバルブの不良・混入物の噛み込みなどが考えられます。

スポンサーリンク