TFD305 (SV8 漏れ警報)漏れ量:小の警報が出ました。
透析中にいきなり出て、めんどくさいです
詳細はこんなかんじです
透析工程(運転及び停止)において、閉じているはずの電磁弁のセル電圧が
一定期間の間0.4V以上になると、SV漏れ警報漏れ量:小の警報を発します。
除水を伴うD-FAS脱血中および透析液を使用した返血を行っている場合にも監視を行います。
電磁弁のシート部のゴミ噛みなどが考えられます。
関連設定 設定2 34電磁弁


とりあえず、警報点を上げて透析を乗り切ります
終了後、電磁弁のキットを交換します

なんか、結晶ついちゃってます


 

専用の治具を使うとやりやすいです。
小さい方でピンを抜いて、大きい方でブリンと電磁弁のヘッド部をあげます

裏側にネジがあります。交換自体は5分あれば十分にできます

電磁弁

今回はわからなかったんですが、問題は他にもあったようです。

スポンサーリンク