新しい透析治療戦略共済セミナー2020


【ASOBO】


新しい透析治療戦略共済セミナー2020

こんなセミナーが先日ありました
開催日前にお伝えできたら良かったんですが、失念してました

共済が旭化成メディカルとジェイ・エム・エスです
コンソールは日機装以外あまり使ったことないんですが、ジェイ・エム・エスのものはなかなかいいらいしいです

多様なHDFの試みとその臨床効果について

演者:桃仁会病院 人見泰正先生

BVプログラムを活用した生理的除水の可能性とHotShotI-HDFの臨床効果

演者:さかいクリニック 岩尾昌之先生

このBVのセミナーが興味深かったです
今のクリニックでも血圧が下がりやすい患者さんにBV計で管理をしてます

日機装のBV計の警報のデフォルトは-20%ですが、そこよりも厳しくして-15%にしてそこに到達すれば除水をストップして、BVが回復するのを待ってまた除水を入れるというパターンです
これをする事で以前のように意識消失をすることはなくなったんですが、ちょこちょこ設定を触らなければならず、結構手間です

それに比べて、ジェイ・エム・エスのコンソールは自動でそれを行ってくれるみたいです
BVが下がりだして、危険水域になれば除水速度を減らし、回復すればまた上げるというパターンです

日機装もこれができればいいんですが、除水を止めることはできても、除水を再開するということは、医療行為に当たるということで敢えてしていないようです
おそらく、技術的にはできると思うんですが、日機装らしいですね

これからはAIが進んで、スタッフがいちいち患者をみなくても安全に透析ができる時代がくるでしょうね
その時は、僕が真っ先にリストラ対象でしょうねOrz


ミントC!Jメール


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です